シューズ全般

シューズ全般

シューズの基本サイズ(JIS規格)・サイズ表

日本の靴のサイズは、「足長」と「足囲」を元に、JIS規格で靴のサイズが定められています。
シューズを選ぶ時には、長さだけでなく“幅”も自分に合った物を選ぶ事がとても大切です。
シューズの幅のサイズを知るために、足の周径(足囲)を測ってみてください。
親指根元の骨が出っ張ったところと、小指根元の骨が出っ張ったところを結んだ周囲(足の甲と裏まで)を測った周径の長さを「足囲」といいます。
ぜひ下記参考図とサイズ表でお試しください。

参考図

足サイズ計測シート(PDF)をダウンロード

足(こども/大人)のサイズを測るために、リンク先からPDFファイルをダウンロードし、開いたファイルを印刷願います。
なお、印刷の状態によって、計測サイズ目盛に誤差が生じる場合があります。定規で誤差がないかご確認の上、ご使用ください。(PDFは、「足のサイズを測る」体験をしていただくことを目的としています。)

 

サイズ表>こども用はこちら

  • メンズ

    男性用のサイズ表

  • レディース

    女性用のサイズ表

足の横幅表示

足の横幅表示
スーパーワイドフィット
甲周り寸法が標準よりも12mm広い足型を使用した、さらにワイドな足入れ。
足の横幅表示
ワイドフィット
甲周り寸法が標準よりも6mm広い足型を使用した、ワイドな足入れ。
足の横幅表示
スリムフィット
甲周り寸法が標準よりも細い足型を使用した、スリムな足入れ。
※寸法は種目によって異なります。各商品の項目をご参照ください。

 

サイズの選び方

まず靴ひもを通して、足を入れます。
そしてシューズのヒールカウンター(カカトのあたる部分)にカカトを合わせてから、靴ひもをしめ、つま先に捨て寸とよばれる余りがどれくらいあるかで判断します。この捨て寸は一般的に約1cm程度といわれています。よく言われているような「シューズを履いて、カカト部分に人差し指を入れる」という方法では正しいサイズは選べません。また、人は左右で大きさが違うことも多いため、シューズを履くときは必ず両足とも履くようにしましょう。

 

靴ひものしめ方・特長

  • 普段あまり気にしたことがないけど、どんなしめ方が向いているんだろう?
  • 普段はいているシューズのひものしめ方と、陸上をするときのひものしめ方とは違うのかなあ?

ひものしめ方にも特長があります。知らないでしめていると、いざというときパワーが発揮できなかったり、シューズが脱げてしまったり、大変なことに・・・。
ひものしめ方は簡単です。どちらが自分に向いているのか、しめ方を変えて試してみましょう。

靴ひものしめ方、特長を覚えよう

ひものしめ方には主に2つの種類があります。

  • オーバーラップシューレーシング

    特長/上から下へ左右交互にひもを通す方法。

    • ひもがゆるみにくくしめ付け感が強い。しっかりしめられるためシューズのサポート感が高い。
    • 速いスピードで走りたい時向け。
    • しめ方が悪いと足の甲が圧迫され、足がしびれてくることもある。

  • アンダーラップシューレーシング

    特長/下から上へ左右交互にひもを通す方法。

    • ひもがしめやすく、足なじみが良い。
    • 圧迫感が少ないため、長い距離をゆっくり走りたい時向け。
    • しめ方が悪いと走っている途中でひもがゆるんでしまい、シューズが脱げやすくなることもある。

 

ほどけにくい靴ひもの結び方

よくしっかり紐をしめても緩んでくるという経験は多くの方が経験していると思います。
靴紐の材質、編み方にもよりますが、一般的に丸紐は緩みやすいです。
対策として緩みにくい紐に替えることや、下記の緩みにくい紐のしめ方もあります。ご参照ください。

 

Boa®クロージャーシステムの使い方

〈Boa®クロージャーシステム〉は、足全体に無理のない均等なしめ付けで、高いフィット感をキープ。
さらに、耐久性に優れた専用ワイヤーレースが、あらゆる足の動きにも緩みを抑え、快適性を長時間キープします。
ダイヤルを回すと専用ワイヤーレースが足をしめ付け、ダイヤルを引き出すと専用ワイヤーレースが緩み、高いフィット感をキープしながらも、スムーズな着脱が可能です。

 

ミズノ製シューズの主な機能について

シューズは自分を支えてくれる大切な味方、相棒です。
そのシューズが優れた機能を持っていても、目的に合っていないシューズでは十分なパフォーマンスを発揮することができません。
自分に合ったシューズ、機能を選ぶことがとても大切です。

  • ミズノウエーブ(MIZUNO WAVE)
    シューズに求められる機能であるクッション性と安定性。本来なら相反するこの2つの機能を両立するMIZUNO WAVEを搭載。
    >詳しくはこちら
  • ダイナモーションフィット(DynamotionFit)
    静止時だけでなく、運動中の足とシューズの一体感を高めるアッパー構造。
  • ダイニーマ®
    防爆シートに使用される強力糸を使ったテープを補強に採用。ホールド感に貢献します。
  • G3ソール(G3 SOLE)
    特殊な樹脂を分割配列したアウトソール。軽量性・屈曲性・グリップ性を誇ります。
  • XGラバー(XG RUBBER)
    スピードある動き・激しい動きに威力を発揮するエクストラグレードなラバー。
  • ユーフォーイック(U4ic)
    クッション性に優れ、かつ軽量性を飛躍的に高めた次世代ミッドソール素材。
  • PoWnCe(パウンス)ミッドソール(PoWnCe)
    従来品と同等の反発性を持ちながら、約10%軽量化したミッドソール素材。
  • DFC(カウンター兼アウトソール)
    ヒールカウンターとアウトソールを一体化させ、踵部のホールド性を高めた構造。
  • ミズノインタークール(MIZUNO INTERCOOL)
    ソールの通気孔からシューズ内の湿気を排出し、快適性を保つシステム。
  • エックステン(x10)
    通常のラバーよりも耐摩耗性が約80%高いアウトソール素材。耐久性を向上させます。
  • D-フレックスグルーブ(D-Flex Groove)
    アウトソールの外甲と内甲に硬度差をつけ、すばやい体重移動を可能にする設計。
  • スムーズライド(SmoothRide)
    着地から蹴り出しまで、スムーズな足運びを可能にする独自のソール設計。
  • 発育インソール
    3つのアーチを支えて健康な足の発育を促す、医療のノウハウを活かしたインソール。
  • エスアールタッチ(SRtouch)
    高い反発性を誇り、足にかかる力を効果的に推進力に変えるソール素材。
For Running
  • ニュートラル タイプ(NEUTRAL TYPE)
    クッション性を重視し、パラレルウエーブを搭載したモデル。アーチが高く、屈伸時に膝が外方向に開くランナーに。
  • サポート タイプ(SUPPORT TYPE)
    安定性を重視し、ファンシェイプドウエーブを搭載したモデル。アーチが低く、屈伸時に膝が内方向に入るランナーに。

 

シューズの各部位・名称

 

シューズのお手入れ方法

ミズノお客様相談センターにて詳しくご案内しております。

 

シューズの修理や交換について

こちらにて詳しくご案内しております。

 

シューズについてのご注意

ミズノお客様相談センターにて詳しくご案内しております。