ウォーキングシューズについて

ウォーキングシューズについて

ウォーキングシューズの選び方

ウォーキングシューズの選び方

シューズは、一日の時間でアーチ部が下がって足が大きくなる場合があるため、午後や夕方に選ぶことをおすすめします。また、ソックスの厚みによって足入れが変わる場合がありますので、ウォーキング時に履くソックスを履いて合わせましょう。そして、購入したらまずは室内で両足履いて数歩、歩いて試し履きをしましょう。ミズノショプでは、室内での試し履きで、万が一サイズが合わなかった場合、ご返送時の送料は弊社が負担いたします。

>サイズガイドはこちら

  • ①甲はきつくないか?
    足の甲が圧迫されると、足の左右のアーチ、前後のアーチがつぶれてしまい、足の動きが悪くなります。ひもの締めすぎにも注意しましょう。
  • ②足指の屈曲部分が柔軟か?
    足の曲がる位置と靴の曲がる位置が合っていないと足を痛める原因になります。
  • ③つま先があたっていないか?
    シューズに足を入れて、つま先が靴にあたってしまったり、指が曲がってしまうようではシューズが小さすぎます。
    つま先に約10ミリほど余裕のあるものを選びましょう。
  • ④くるぶしがあたらないか?
    くるぶしがトップラインにあたると痛くて歩けません。
    必ず両足を履き数歩、歩いてみてください。
  • ⑤カカトがフィットしているか?
    カカトをつけた時に足のカーブに合っているかどうかを見てみましょう。
  • ⑥アーチラインは合っているか?
    土踏まずの盛り上がりカーブに合わない靴は疲れやすいので、フィットするものを選びましょう。

 

ミズノウォーキングシューズの代表的な機能

歩きやすさを徹底追及した、ミズノ独自のテクノロジー。
こちらでは代表的な機能を抜粋してご紹介しております。商品をお選びの際は、機能アイコンをよくご確認ください。
※ミズノショップで販売しているウォーキングシューズは、ここでご紹介した機能がついていないシューズも一部ございます。

MIZUNO WAVE(ミズノウエーブ)

歩行時の衝撃を和らげる「クッション性」と、ぐらつきを抑える「安定性」を同時に両立した波形プレート「ミズノウエーブ」を靴底に搭載。 柔らかいのに、ぐらつかず、膝・腰にやさしい設計です。

・クッション性
従来のソールでは荷重がかかった場所に力が集中して、局部的変形(つぶれ)が起こり、衝撃をうけることがありました。ミズノウエーブは、弾力性のある波型形状なので、衝撃を均等に分散。足やヒザ、腰への負担を軽減します。
・安定性
プレートが波型なのえ、局所的に大きく変形することがなく、優れた安定性を発揮。歩行時のグラつきを防ぎ、足首が内側に過度に倒れ込む「オーバープロネーション」を抑制。一歩一歩しっかりしたフォームで歩くことが出来ます。

Smooth Ride(スムーズライド)

靴底には強い蹴り出しを実現し、足が自然と前に前に進む「スムーズライド」を搭載。 着地した力をそのまま前へ伝える設計で、軽やかな足運びをサポートします。

X10(エックステン)

摩耗しやすい踵部分には通常のラバーよりも 耐摩耗性が約80%高いアウトソール素材を使用。 すり減りにくく、シューズの耐久性を大幅に向上しています。

MIZUNO INTERCOOL(ミズノインタークール)

シューズ内の湿度と温度を下げる通気システムを靴底に搭載。
ムレにくく、シューズ内を快適に保ちます。

 

ウォーキングシューズの履き方

最近は、ファスナー(チャック)付きのシューズも増えていますが、何日も靴ひもを締めたまま、脱ぎ履きしていては、せっかくのウォーキングの効果が下がってしまいます。毎日、最初に履く時は靴ひもを緩め、締め直してから歩きはじめましょう。ローリング動作をしっかりと行うために、シューズにフィットさせ、ゆるくなく、きつすぎないようにすることが大切です。靴ひもは、つま先に近い穴2箇所くらいは緩めに。3つ目くらいからは甲にフィットさせるようにしっかりと結ぶと良いでしょう。

ウォーキングでは踏み込み時やキック時につま先を頻繁に使うので、つま先部分に余裕を持たせて履きます。靴ひもはシューズを履く時にはゆるめるようにし、シューズの中で足の指が動かせる程度のゆとりをつくりましょう。
シューズを履いたら、かかとで軽く地面をたたくようにしてかかとをシューズのヒールカウンター部分にしっかりと収めます。
そのままゆっくりと体重をつま先へと移動します。 ウォーキングのキックの体制で、足の甲から足首までを靴ひもでしっかり固定します。

 

ウォーキングはどうしていいの?

ウォーキングのメリット・効用

ウォーキングは、基本的な動作を教わらなくても誰でも出来ますし、家の近所など、どこでもいつでも手軽に行えるというメリットがあります。さらに、有酸素運動であるウォーキングは、生活習慣病などの予防効果や様々なアンチエイジング効果も期待できると言われています。

自分に合った歩数を見つけましょう

およそ1日トータル8千歩から1万歩くらいが目安です。年齢や目的、今の体力や疾病などによって、歩数や時間の目標は変わってきます。最初から急に歩数を増やすのではなく、速歩きを意識して“続けて10分歩く”ことを1日に3回以上行うことをまず心がけましょう。 そして、1千歩ずつ徐々に増やし、自分に一番合った歩数を見つけましょう。

ウォーキングを長続きさせるための秘訣

運動としてウォーキングを行う以外にも、ショッピングの時や通勤時の移動で歩く時に姿勢に気をつけたり、速歩きしたりすれば、普段歩きも運動のレベルに昇格させることができます。頑張りすぎも禁物です。休みの日をつくることで疲れをため込まず、長く続けることができます。

 

ウォーキングの豆知識

「歩く」と「走る」との違いは、「歩く」がどちらかの足が必ず地面についているのに対して、「走る」は一瞬両足が地面から離れます。これにより運動中にからだにかかる負担は、「歩く」ことの方が少ないといわれています。 さらに、「歩く」ことは「走る」ことにくらべ運動強度が比較的少なく、心臓にかかる負担も少ないとされています。

ウォーキング時の水分補給は?

私たちのからだは特別な運動をしていない時でも、水分が蒸発しています。特に運動を行う時は水分補給を頻繁に行わなければ、熱中症を引き起こす可能性があります。まず運動をする前に軽く水分補給をし、運動中のどの渇きを感じる前に、15分から20分おきに補給することを心がけましょう。

長時間歩くと手がむくみますが、その対処法は?

長時間腕を下げて歩いていると、手先からの流血の戻りが悪くなり、「むくみ」、「はれ」などが生じることがあります。このような時は軽くひじを曲げ、軽く握ったこぶしを心臓の高さまで振るようにしてください。また手袋を装着するのも効果的だといわれています。

足の疲れを取り除くためにはどうすればいいの?

運動前にウォーミングアップ(準備運動)が必要なように、運動後も筋肉を元の状態に戻すためにクリーングダウン(整理運動)が必要です。シューズを脱ぎ、腰を下ろした状態でマッサージをすれば効果的。マッサージは「さする」「たたく」「もむ」の3種類の基本動作を組み合わせましょう。

 

ウォーキングシューズの種類

 

MIZUNO WALKINGのサービス情報