NEW 14時まで当日出荷

マウスカバー[ユニセックス]

価格: ¥1,100 (本体価格¥1,000)
品番: C2JY1192
★★★★★ 4.8 (169件のレビュー)

飛沫の拡散抑制を目的に表地は競技ウエアで使われる2way素材で作ったマウスカバー。
手洗いで繰り返し使用でき、また乾きやすいので毎日気持ちよくお使いいただけます。

※お客様のご都合によるご注文後のキャンセル・返品・交換は一切お受けできません。

カラーを選択してください
(選択中のカラー:)

サイズを選択してください
(選択中のサイズ:未選択)

※赤文字のサイズは在庫わずかです。

数量

商品在庫が
不足しております
カートに入れる 再入荷
受付
お気に入り追加

お気に入りの登録数(162

商品仕様

サイズ 大きさにつきましてはイラストに記載がございますのでご参考ください。
また、すべての方にあてはまるわけではございませんが、おおまかな目安として以下もご参考ください。

■S:お子様(小学校高学年以上)
■S、M:女性
■M、L:男性

カラー 01:ホワイト
25:ブルー
62:レッド
素材 表地:ポリエステル84%、ポリウレタン16%
裏地:ポリエステル100%
原産国 日本製
発売シーズン 2021年春夏

商品説明

■表地には伸縮性に優れた2WAYストレッチ素材を使用。
■繰り返し手洗い選択が可能。

※耳掛け部分は、生地の特性上、ゆがみ、ねじれ、ほつれが発生することがあります。

※お客様のご都合によるご注文後のキャンセル・返品・交換は一切お受けできません。

シルエット



※安全上のご注意(重要)
■本品着用時の運動は低酸素状態で体に負担がかかる場合があります。特に激しい運動でのご使用はお避け下さい。
■熱や湿度のこもる場所でのご使用は、身体への負担となりますので、できるだけ避けるなどしてご注意下さい。
■特に気温の高い夏場などは、熱中症などの恐れがありますので、こまめに水分補給をとるなど、体調管理に気を付けてご使用下さい。
■(子供用のみ)お子さまのスポーツでの着用は監督者のもとで行い、呼吸が苦しいなどの異常がみられた際は使用を中止するなど、体調管理にご注意下さい。

その他
■本品は感染(侵入)を防ぐものではありません。咳やくしゃみをした際の飛沫の拡散をやわらげるための、咳エチケットとしてご使用ください。
■手洗い洗濯が可能です。タンブル乾燥機は使用しないでください。液体酸素系漂白剤を使用する場合は、洗剤の取り扱い注意に従ってください。



よくある質問

  • ウィルス対策は可能ですか?
  • 本品は感染(侵入)を防ぐものではありません。咳やくしゃみをした際の飛沫の拡散をやわらげるための、咳エチケットとしてご使用ください。
  • 繰り返し使用できますか?
  • 手洗い洗濯が可能です。タンブル乾燥機は使用しないでください。液体酸素系漂白剤を使用する場合は、洗剤の取り扱い注意に従ってください。
  • サイズはどのように選べばいいですか?
  • 女性はMサイズ、男性はLサイズをお勧めします。女性は小さめサイズを選ぶことが多いです。
    ※Sサイズはお子様向けです。
    ※個人差によりフィット感は異なります。サイズもご参考のうえお選び下さい。
  • 注文内容はどこで確認すればいいですか?
  • 通常サイトのマイページにてご確認いただけます。
PRODUCT CONCEPT PRODUCT CONCEPT

#ともに越えよう

#ともに越えよう

#ともに越えよう

#ともに越えよう

MOVIE



COLOR

#ともに越えよう

#ともに越えよう



GRAPHIC

澁谷忠臣氏と協業、3つのモチーフを融合し躍動する日本を表現しています。

#ともに越えよう

#ともに越えよう

#ともに越えよう


ARTIST

#ともに越えよう
1973年生まれ、横浜市出身。
直線的に再構築する世界感を持つアーティスト。その独自のスタイルで数々の世界中の企業とのコラボレーションやクライアントワークを行っており、2006年ロンドンでのBECKS BEERの大規模なビルボード広告、2008年にGIVENCHYのエンブレムデザイン、2012年には氏の描いたRGIIIのイラストが米ワシントンポスト特別号の一面を飾った。また、2018年のGUとのカプセルコレクション、"EYES LOVE TOKYO"が大きな話題を呼んだ。最近では、Indeedジャパンオフィスや、新潟万代島旧水揚などで巨大な壁面作品を数々制作している。
昨年は日本の伝統文化を再構築するシリーズとして、仏像の絵を中心とした個展 「UPDATE」を京都と横浜で開催。これまでに東京、パリ、バンコクでの個展をはじめ、ロンドン、NY、LA、台北などで数々の展示に参加し、表現の場は国内外、ジャンルを問わず多岐に渡る。

MORE